So-net無料ブログ作成
検索選択

ケインズ学会公開シンポジウム「多様性の宝庫としてのケンブリッジ学派」 [公開シンポジウム]

(ポスターは下記のサイトからダウンロードできます。下記に示すものと同じ内容です。) 

https://drive.google.com/file/d/0B48UXBXIVug7akpfZmFrdU1UbDA/view?usp=sharing

 

ケインズ学会公開シンポジウム「多様性の宝庫としてのケンブリッジ学派」


http://www.osakafu-u.ac.jp/academy/evt20141214.html 


20141214日(日)13時~1630



I-Siteなんば



大阪府立大学 I-site なんば





大阪市浪速区敷津東2-1-41 南海なんば第1 ビル2

(ご注意)建物北側(ZEPP なんば側) の大阪府立大学専用入口からお入りください。

駐車場、駐輪場はありません。



 



***



「ケンブリッジ学派」は、19 世紀末から20 世紀中葉にかけてケンブリッジで

経済研究を行った人々全般を指している。今日の経済学の発展に果たした

ケンブリッジ発の貢献がすこぶる大きいことは、改めていう必要もないほど

である。とりわけマーシャルとケインズは、20 世紀の経済学の歩む道を大きく

規定してきた。

にもかかわらず、ケンブリッジ学派を広い視野からとらえなおして再評価する

という試みは、内外を問わず意外なほど行われてきていない。

私たちは、それが一枚岩のものではなく、緊張と分裂を繰り返しながら多様な

展開を遂げてきたものであること、そしてそうした興隆と分裂はいかなる要因に

よって引き起こされたのか、それは学派の発展にとってどのような意味をもつもの

であったのかを、複合的視点から探っていきたいと考えている。

そこで今回は、ケインズも中心的なメンバーであったケンブリッジ大学の経済学者

3つの側面から取り上げることにする。

 

(1)始祖アルフレッド・マーシャルの影響力、(2)ケインズ・ベヴァリッジの福祉国家観

(3)彼の弟子筋にあたるケインズたちが表明した資本主義観



これらの領域に関心を寄せる多数の方々が参加されることを祈念している。



【内容】

13時~1350分 基調講演

「哲学から見たケインズの今日的妥当性」

 ロッド・オドネル氏(シドニー工科大学 教授、大阪府立大学 ゲストプロフェサー)

14時~1530分 パネルディスカッション

司会 若森 みどり 氏(大阪市立大学 准教授)



 



「マーシャルにおける知の創造と継承」

 近藤 真司 氏(大阪府立大学 教授)





「ケインズとベヴァリッジー福祉国家の理念誕生」



小峯 敦 氏 (龍谷大学 教授)



 



「ケンブリッジの資本主義観」

平井 俊顕 氏(上智大学 名誉教授)





1540分~1610分 質疑応答





【主催】ケインズ学会別のサイトにリンク

【共催】大阪市立大学 経済学研究科、大阪府立大学 経済学研究科

【後援】大阪府立大学 21世紀科学研究機構・大学史編纂研究所、平成26年度 第1回ハーモニー博物館セミナー



70名(先着順)



一般・学生



参加費無料



 



(お問合せ先)

現代システム科学域・経済学部・研究科支援室

Tel 072-254-7361
ダイヤルイン)

Fax 072-254-9925



事前申込み不要



 


nice!(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:学問

The Program for the 4th Annual Meeting (2014) [English Site]

4th
Keynes Conference

 

Time Schedule
and Program

 

29 & 30
November, 2014

 

Rikkyo
University

3-34-1
Nishi-Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo

 

Conference
Place: Building No.5

 

 

 

 

 


9:30~



Day 1 (November 29, Sat.) 

 

 

Registration


(Room
5224)



10:00~


  12:00



Session
A (Room 5222)


Chair:
Jiro Obata, Professor, Rissho University


 


A Comparative Study on the Scientific Methods
of Keynes with Hicks


Speaker:
Jiro Obata, Professor, Rissho University


Discussant:
Atsushi Komine, Professor, Ryukoku University


 


The Cambridge School and Eugenics


Speaker:
Satoshi Yamazaki, Associate Professor, Kochi University


Discussant:
Toshihiro Nakaya, Professor, Nanzan University


 


 


 


Three
Price Theories


Speaker:
Ryuzo Kuroki, Professor, Rikkyo University


Discussant:
Yasutoshi Noshita, Professor, Kokushikan University



Session
B (Room 5322)


Chair:
Hideo Fujiwara, Professor, Doshisha University


 


Post-Keynesian and Money


Speaker:
Yoshio Watanabe, Professor, Meiji University


Discussant:
Kazuhiro Kurose, Associate Professor, Tohoku University


Why does Money Growth Enhance Economic
Growth in the Long Run?


Speaker:
Tomohiro Inoue, Assistant Professor, Waseda University


Discussant:
Masahiro Ouchi, Associate Professor, Nihon University


Fixed
Investment, Liquidity Constraint, and Monetary Policy: Evidence from Japanese
Manufacturing Firm Panel Data


Speaker:
Koichi Masuda, Assistant Professor, Chuo University


Discussant:
Toichiro Asada, Professor, Chuo University



12:00~


  13:20



Lunch



13:20~


  14:10



General
meeting of members



14:10~


  14:20



Break



14:20~


  15:20



Invited
Lecture (Room 5121)


 


Title:
Role of Money in Macro Economy


Special
Guest: Koichi Hamada, Professor Emeritus, Yale University, U.S.


Chair:
Asahi Noguchi, Professor, Senshu University



15:20~


  15:30



Break



15:30~


  17:30



Session
C (Room 5121)


Theme:
Concerning Quantitative and Qualitative Monetary Easing Policy


Chair:
Ryuzo Kuroki, Professor, Rikkyo University


 


Overview and Effects of Quantitative
and Qualitative Monetary Easing


Speaker:
Goushi Kataoka, Chief Economist,
Mitsubishi
UFJ Research and Consulting Co., Ltd.


Theoretical Background of
Non-Traditional Monetary Policies


Speaker:
Asahi Noguchi, Professor, Senshu University


Unconventional Policy by Governor
Kuroda – In light of the Cases of Major Economies and its Strategy of Policy Mix


Speaker:
Tetsuya Inoue, General Manager and Chief Researcher, Nomura Research
Institute


 


Discussant:
Koichi Hamada, Professor Emeritus, Yale University, U.S.


          Toichiro Asada, Professor, Chuo
University



17:30~


  17:40



Break



17:40~


  19:30



Reception


(St.Paul’s House 1st Floor)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                 



10:00~


  12:00



Day 2

 

Session
D (Room 5222)


Chair:
Masao Ishikura, Professor, Hitotsubashi University


 


Keynes on Speculation and Investment:
Thought and Practice


Speaker:
Nobuhiro Ito, Associate Professor, Takasaki City University of Economics


Discussant:
Naoki Nabeshima, Professor, Nagoya University


 


Monetary Policy in an Endogenous Determination
Model of Currency Amount


Speaker:
 Takao Takeuchi, Independent


Discussant:
Takeshi Ikeda, Professor, Rikkyo University


 


 


The Definition of Czuber = Keynes Risk
as Volatility


Speaker:
Harunori Murata, Independent


Discussant:
Yasuhiro Sakai, Professor Emeritus, Tsukuba University


 


(November 30, Sun.)

 

 

Session
E (Room 5322)


Chair:
Kouki Hirose, Associate Professor, Fukui
Prefectural University


 


Marshall’s Organization Reconsidered


Speaker:
Kenji
Fujii,
Professor, Aoyama Business School


Discussant:
Masashi
Kondo,
Professor, Osaka Prefecture University


 


Causality and Law of Conservation in
Economics


Speaker:
Yutaka
Kuwagaki, Lecturer, Kyoto Sangyo University


Discussant: Tetsuro Shimizu, Research Director, Norinchukin
Research Institute Co., Ltd.


 


The
Baffling New Inflation


Speaker: Norikazu Takami, Assistant Professor, Hitotsubashi
University


Discussant:
Atsushi Naito, Associate Professor, Ohtsuki City College



12:00~


  13:20



Lunch



13:20~


  14:20



Special
Lecture (Room 5121)


Title:
Does Keynes Have a Message for Slow-growth Japan?


Special
Guest:William Garside, Professor, Waseda University


Chair:
Toshiaki Hirai, Professor Emeritus, Sophia University



14:20~


  14:40



Break



14:40~


  16:40



Session
F (Room 5121)


Theme:
Keynes and His Rivals


Chair:
Yasuhiro Sakai, Professor Emeritus, Tsukuba University

 

F. H. Knight vs. J. M. Keynes


Speaker:
Yasuhiro Sakai, Professor Emeritus, Tsukuba University


Discussant:
Arata Fujiwara, Associate Professor, Rikkyo University


Exploring Hawtrey’s Social Philosophy


Speaker:
Toshiaki Hirai, Professor Emeritus, Sophia University


Discussant:
Hiroyuki Simodaira, Professor, Yamagata University


Robbins vs. Keynes


Speaker:
Yuichi Kimura, Associate Professor, Saitama University


Discussant:
Koji Hatta, Professor, Chuo University



16:40~


  16:50



Break



16:50~


  17:00



Closing
Address


 

 


nice!(0)  トラックバック(1) 

第4回 ケインズ学会全国大会プログラム [第4回 ケインズ学会全国大会]

P1090706.JPG                                      P1090588.JPG

            浜田宏一教授の講演シーン

 

報告アブストラクト集は下記サイトからダウンロード可能です。

 https://drive.google.com/file/d/0B48UXBXIVug7bnprTXlIbURJVlU/view?usp=sharing 

 報告ペーパーは下記サイトからダウンロード可能です。

 https://drive.google.com/folderview?id=0B48UXBXIVug7bHRpX1kwckpqQ2s&usp=sharing

ケインズ学会 第4回年次大会

 


 

日時:2014年11月29日(土)-11月30日(日)

 場所:立教大学池袋キャンパス(東京豊島区西池袋3-34-1)

(池袋駅西口:出口標識は「C3」です。駅構内は初めての方には

 複雑ですので、駅員の方にお尋ねになるのも手です。) 

    (5号館は道路を挟んで正門の「向かい」になります。) 

第1会場:5222、第2会場:5322、第3会場:5121、大会本部:5224(すべて5号館)

 


 

 

  

 


 


第1日 11月29日(土)

9:30-:受付開始、場所:5224(大会本部)

10:00-12:00 午前の部

セッションA 第1会場(5222) 座長 小畑二郎 立正大学

1. 小畑二郎 立正大学「ケインズの科学的方法」
討論者:小峯敦 龍谷大学


2. 山崎聡 高知大学「ケンブリッジ学派と優生学」
討論者:中矢俊博 南山大学


3. 黒木龍三 立教大学「三つの価格理論」
討論者:野下保利 国士舘大学

セッションB 第2会場(5322) 座長 藤原秀夫 同志社大学

4. 渡辺良夫 明治大学「ポスト・ケインジアンと貨幣」
討論者:黒瀬一弘 東北大学


5. 井上智洋 早稲田大学
「なぜ貨幣成長が長期的に経済成長を促進するのか?」
討論者:大内雅浩 日本大学 

6. 増田公一 中央大学「実物投資、流動性制約、および金融政策:
日本の製造業のパネル・データによる検証」
討論者:浅田統一郎 中央大学

12:00-13:20 昼食 *休憩室は5323

13:20-14:10 会員総会 第3会場(5121)

14:20-17:30 午後の部

 

14:20-15:20 招待講演 第3会場(5121)

 

 

講演者:浜田宏一 イェール大学 「マクロ経済における通貨の役割」

 

司会:野口旭 専修大学

15:30-17:30 セッションC(シンポジウム) 第3会場(5121)

テーマ「異次元金融緩和政策をめぐって」 座長:黒木龍三 立教大学


7. 片岡剛士「異次元金融緩和の概要と効果」三菱UFJリサーチ&コンサルティング


8. 野口旭「非伝統的金融政策の理論的背景」専修大学


9. 井上哲也「黒田日銀の金融政策-米欧との比較やポリシーミックスの観点から」 野村総合研究所


討論者:浜田宏一 イェール大学、浅田統一郎 中央大学

17:30-17:40 休憩

17:40-19:30 懇親会(会場:セントポール会館1階)

 


 


第2日 11月30日(日)

10:00-12:00 午前の部

セッションD 第1会場(5222) 座長 石倉雅男 一橋大学

10. 伊藤宣広 高崎経済大学
「ケインズにおける投機と投資:思想と実践」
討論者:鍋島直樹 名古屋大学 

11. 竹内敞夫 フリー
「通貨量の内生的決定モデルにおける金融政策」
討論者:池田毅 立教大学 

12 村田晴紀 フリー
「ボラティリティとしてのチューバー=ケインズのリスク定義」
討論者:酒井泰弘 筑波大学

セッションE 第2会場(5322) 座長 廣瀬弘毅 福井県立大学

13. 藤井賢治 青山学院大学
「マーシャルにおける組織:生産の経済学の観点からの再評価」
討論者:近藤真司 大阪府立大学 

14. 桑垣豊 京都産業大学
「経済学における因果律と保存則」
討論者:清水徹朗 農林中金綜合研究所 

15. 高見典和 一橋大学
「1950年代後半の特異なインフレ現象をめぐる政策論争」
討論者:内藤敦之 大月短期大学

12:00-13:20 昼食 *休憩室は5224

13:20-16:40 午後の部

 

13:20-14:20 特別講演 第3会場(5121)

 

 

講演者:William Garside 早稲田大学

Does Keynes Have a Message for Slow-growth Japan?

 

司会:平井俊顕 上智大学

14:20-14:40 休憩

14:40-16:40 セッションF 第3会場(5121)

    テーマ「ケインズとライバル」 座長 酒井泰弘 筑波大学    

16. 酒井泰弘 「ナイトvsケインズ」筑波大学
討論者 藤原新 立教大学 

17. 平井俊顕「ホートリー vs ケインズ」上智大学
討論者 下平裕之 山形大学 

18. 木村雄一「ロビンズ vs ケインズ」埼玉大学
討論者 八田幸二 中央大学

16:40-16:50 休憩

16:50-17:00 閉会の辞

 


 

[報告者・討論者・座長の方々へのお願い]

セッションの円滑な進行のため、次の点にご協力下さい。 報告時間は20分、コメントは5分、リジョイントは5分、フロアーは10分です。

パワーポイントをご利用の方は、セッション開始10分前までに、 会場備え付けのパソコンに必ずコピーして下さい。


nice!(0)  トラックバック(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。