So-net無料ブログ作成

ケインズ学会の最新作 『ケインズは、≪いま≫、なぜ必要か?』 [公式刊行物]

ケインズ学会の最新刊行物 (絶賛発売中!)

『ケインズは、≪今≫、なぜ必要か?』

   ― グローバルな視点からの現在的意義

P1060316.JPG 


           ケインズ学会編

                      作品社                

ぜひ、お読みください。 

・20名による協同作業の結晶です。
・昨年、開催された立教大学、今年行われた龍谷大学、での公開講演会、第2回全国大会
(明治大学)での福岡正夫先生の講演、ならびに海外の研究者5名の寄稿(書下ろし。「ケインズは、なぜ必要と思われますか。ご専門の立場から分かりやすく論じてください」というKSJ側からの要請に快諾されて書かれたものです。
それを翻訳したうえで掲載いたします。J. Kregel[US], A. Carabelli and M. Cedrini[Italy], R. Backhouse(UK), M.C. Marcuzzo(Italy), R. O'Donnell[Australia]の各氏)で構成されています。

***

上記で言及の海外の研究者による寄稿は次のとおりです。

(1)   The Chimera of Export Led Growth and External Debt Reduction after the Financial Crisis                   Jan Kregel 

(2) The Relevance of Keynes's International Economics to Today's World                          Anna M. Carabelli & Mario A. Cedrini

 (3) Why Keynes Matters, from the Point of View of Policy Making in Britain                                            Roger E. Backhouse 

(4) Keynes for the World of Today             Maria Cristina Marcuzzo 

(5) Keynes’s Relevance Today from a Philosophical  Viewpoint

                                                                                         Rod O’Donnell 

 


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問