So-net無料ブログ作成

オドンネル教授講演会 (シドニー工科大学) のについての報告 [海外の関連する組織]

シドニー工科大学のオドンネル教授は
約一ヶ月の日本滞在を終え,12月末に帰国されました。
12月23日にケインズ学会後援で
大阪府立大学のサテライト教室で開催されました
講演会には東は東京,西は鹿児島の遠方より
多数の方にご出席をいただきありがとうございました。
30数名の出席者で,研究者はもちろんのこと
学部の学生さんや社会人の大学院生も参加され
盛大な研究会になりました。
オドネンル教授も熱がこもり予定時間をはるかに
越えてご報告をいただきました。
研究会の後,ライトアップされた中之島を散策し,
場所を移し,懇親会でも楽しいひとときを過ごしました。
オドンネル教授は,3月に再度,東京へ来日予定と聞いております。
今回の講演会では,ケインズ学会に後援を
いただきましたことを,改めてお礼申し上げます。
近藤真司  (大阪府立大学)

会員募集中 [設立趣旨]

入会:3000円を下記宛に振り込めばどなたでも会員になれます。 銀行のATMからの場合、「振込先」ゆうちょ銀行、「支店名」ゼロイチハチ (「ゼ」と入力すると選べます)、「普通預金」「口座番号」1620109「なまえ」ケインズガッカイ(自動的に出てきます)と入力し、ご送金下さい。

  

事務局メルアド:lovelyepimetheus@yahoo.co.jp

 

(振り込んだことをお知らせいただけると幸いです。新規の方の場合、学会のメーリング・リストに登録され、以降、さまざまな情報を受けることが可能となります。) (メールが届きませんと、メーリング・リストへの登録を行なうことができません。またメールを下さるさいに、氏名・所属をお知らせいただけるとありがたいです。)

 

 

*** 

(お知らせ) これまでの事務局メルアドである下記のものは、2月以降使えなくなりますので、ご注意ください。 

jmksoc@yahoo.co.jp 

  

 

危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ [『今こそケインズを読む』 (作品社)]

危機の中で<ケインズ>から学ぶ.jpg 

http://www.amazon.co.jp/dp/4861823579/?tag=a8-affi-109070-22

学会の動向を知ることのできる絶好の著作です。印税はケインズ学会に納められています。  危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ
資本主義とヴィジョンの再生を目指して

ケインズ学会編
平井俊顕監修

本体2,200 
 ISBN 978-4-86182-357-2 
発行2011.11

創設された「ケインズ学会」、初の著作!

日本を代表する15名の経済学者・哲学者たちが、現代経済学の原点・〈ケインズ〉に立ち返り、リーマン・ショック以降から続く世界経済危機の本質を解き明かし、その「処方箋」と経済社会の未来を綴る。【執筆者一覧】
浅田統一郎、小野善康、吉川洋、野口旭、伊藤邦武、岩井克人、間宮陽介、伊東光晴、若田部昌澄、伊藤誠、塩野谷祐一、根岸隆、橋本努、平井俊顕、山脇直司

Keynes Society Japan's Homepage [English Blog for KSJ]

 Keynes Society Japan's Homepage

where you can see our international activities, in which English is an official language, as scheduled from here on.

 KSJ's Motto and Basic Principles:

http://keynes-society.blog.so-net.ne.jp/2012-04-30

***

*December 1, 2015

The 5th Annual Conference was very successfully held on Nov. 28 (Fri.) and 29 (Sat.) at Rissho University, Tokyo. 

立正大学品川キャンパス.JPG 

 

September 2015 

. Working Papers have just started. The site concerned is

http://ksj-working-papers.blog.so-net.ne.jp/2015-09-09

 from which the papers are downloadable. So far three papers are available.

 

・January 5

The 9th International Keynes Conference (IKC) is to be held on March 18-20 at Hitotsubashi University, Tokyo.

     P1030015.JPG 



共通テーマ:ファッション