So-net無料ブログ作成

第2回 全国大会 プログラム (最新版) [第2回 ケインズ学会年次大会]

明治大学リバティタワー.jpg 

(リバティタワー)

2012年度ケインズ学会 プログラム                           於 明治大学駿河台キャンパス

 第1日 11月23日(金)受付開始 明治大学駿河台校舎リバティタワー1階 9:30

午前の部 10:0012:00

<第1会場> 1011教室セッションA  「雇用と有効需要の理論」        

    座 長  黒木龍三氏 

1不況のモデル化                                 報告者    竹内敞夫氏                                    討論者    黒木龍三氏

2雇用危機とワークシェアリング                

          報告者    大野 隆氏                                      討論者  伊藤宣広氏

3有効需要に生産は即応しうる                       

     報告者    丹羽春喜氏                                          討論者  石倉雅男氏 

<第2会場> 1012教室セッションB  「ケインズ理論の動学的展開」            

座 長  酒井泰弘氏

1ケインズ『確率論』における係数cと短期確率加重関数      報告者     村田春紀氏                             討論者   清水徹朗氏 

2動学的確率的一般均衡モデルへのケインズ経済学的接近      報告者     長原 徹氏                                                         討論者  浅田統一郎氏

3 Average Productivity and Aggregate Performance             報告者   浅沼大樹氏                             討論者   池田 毅氏

  昼食 12:0013:10

   午後の部 13:1017:20

招待講演  <第1会場> 1011教室13:1014:20                                               司 会     黒木龍三氏 

「ケインズ経済学の回顧と展望-未完の革命-」      講演者   福岡正夫氏 

 会員総会  <第1会場> 1011教室  14:3015:00

 <第1会場> 1011教室 15:2017:20

セッションC 「ケインズと戦後国際金融システム」    

座 長   野下保利氏

 IMF成立史の一齣-イギリスにおける議論と英米交渉

   報告者   伊藤正直氏 

2ケインズの理論的進展と国際通貨体制の構想        

   報告者     宅和公志氏

3ケインズ、ヨーロッパ・システム、ユーロ危機                報告者      平井俊顕氏  

討論者   矢後和彦氏討論者   櫻井公人氏討論者   高橋秀直氏 

 第2日 1124日(土)受付開始 明治大学駿河台校舎リバティタワー1階 9:30

午前の部 10:0012:00 <第1会場> 1011

教室セッションD 「ケインズ政策の再検討」                 座長   野口 旭氏

1石橋湛山とケインズ                               報告者  若菜俊文氏                              

討論者  田中秀臣氏 

2日本経済が陥った罠とは何か?                     報告者  井上智洋氏                              

討論者  飯田泰之氏 

3実務家経済学・ケインズ経済学連合 対 新古典派経済学   報告者  桑垣 豊氏                              

討論者  藤原 新氏

 <第2会場> 1012教室

セッションF Keynes and Monetary Factors

Chair     Toichiro  Asada 1 Keynes Matrix to Carry Forward the Legacy of Keynes      

    Presenter  Mohammad Gani,                                                       Discussant      Jiro Obata 

2 Would Financial Crisis Break Out in the Coming Few Month in ChinaPresenter        Yi  Hu

Discussant   Atsushi Naito

昼食  12:0013:20 

 午後の部 13:2015:20 

<第1会場> 1011教室  13:2015:20

セッションE 「ケインズの貨幣・金融思想」       座長    間宮陽介氏

1ケインズ貨幣経済思想の復活                      報告者  渡辺良夫氏                             

討論者   野下保利氏 

2ミンスキー・モーメント                            報告者  黒木龍三氏                              討論者   鍋島直樹氏

The Development of Financial Policyfrom Keynes to Hicks     報告者    小畑二郎氏                              討論者  平井俊顕氏

  報告者・討論者・座長の方々へのお願い セッションの円滑な進行のため、次の点にご協力下さい。報告時間は20分、コメントは5分、リジョインダーは5分、フロアーは10分です。パワーポイントをご利用の方は、セッション開始10分前までに、会場備え付けのパソコンに必ずコピーして下さい。   明治大学駿河台キャンパスへのアクセス  P1020649.JPG


2012 Keynes Society Japan Program [English Blog for KSJ]

 2012 Keynes Society Japan Program                                  At Meiji Univerisity First Day  November 23 (Fri.)Reception Desk:  1st Floor, Liberty Tower, Meiji University 9:30-Morning  10:00-12:00 <Roon 1011> Session A  Theory of Employment and Effective Demand                                                  Chair: R. Kuroki Modelling of the Depression                     Reporter T. Takeuchi                                  Discussant  R. KurokiEmployment Crisis and Work Sharing                   Reporter T. Ohno                                                       Discussant N. Itoh                                                      The Level of  GDP Can Securely Respond to Effective DemandA Solution to the Over-Determination Problem in Keynesian MacroeconomicsReporter H. Niwa                                                     Discussant M. Ishikura <Room 1012> Session  B  Dynamic Development of Keynesian TheoryChair: Y. Sakai Keynes' Coefficient c  and the Short-term Probability Weighting Function                                                            Reporter H. Murata                              Discussant T. Shimizu 

Keynesian Approach to Dynamic Stochastic General Equilibrium Model

                                                           

Reporter T. Nagahara

                                                         Discussant T. Asada 3 Average Productivity and Aggregate Performance             Reporter D. Asanuma                              Discussant T. Ikeda  Lunch Time 12:00-13:20 Afternoon 13:20-17:20 Invited Distinguished Lecture Room 1011>             13:20-14:20                                                 Chair  R. Kuroki  Keynes Economics in Retrospect – Unfinished Revolution                                                Lecturer   M. Fukuoka General Assembly  Room 1011>                      14:30-15:00  Room 1011> 15:2017:20

Session C Keynes and the Postwar International Financial System

                                                           Chair  Y. Noshita 

One Scene for the Setting Up of IMF Discussion in the UK and Negotiation between the US and the UK   

Reporter M. Ito

                             Keynes’s Theoretical Development and His Idea of International Currency System         Reporter K. Takuwa  

Keynes, Europe System and the Euro Crisis

                                                                Reporter T. Hirai                        Discussant K. YagoDiscussant K. YagoDiscussant K. SakuraiDiscussant  H. Takahashi  Second Day November 24 (Sat.)Reception Desk:  1st Floor, Liberty Tower, Meiji University 9:30-Morning 10:00-12:00 Room 1011> Session D  Keynesian Policy Re-examined  Chair: A. Noguchi

 Tanzan Ishibash and Keynes

                                                    Reporter T. Wakana                              Discussant H. Tanaka What Is the Trap into Which the Japanese Economy Fell Reporter T. Inoue                                Discussant Y. Iida 

Practitioner Economics - Keynesian Economics vs. Neoclassical Economics

Reporter Y. Kuwagaki

Discussant A. Fujiwara

                               Room 1012Session F  Keynes and Monetary Factors                                                         Chair:  T.  Asada 1 Keynes Matrix to Carry Forward the Legacy of Keynes          Reporterr  M. Gani                                                       Discussant      J. Obata 2 Would Financial Crisis Break Out in the Coming Few Month in ChinaReporter       Yi  HuDiscussant   A. Naito  Lunch Time  12:00-13:20                                                              Afternoon 13:20-15:20 Room 1011> 13:20-15:20

Session E Keynes’s Theory of Money and Finance

Chair: Y. Mamiya Rivival of Keynes's Monetary Economic Thought Reporter Y. Watanabe                                Discussant Y. Noshita 

Minsky Moment

                                                      Reporter R. Kuroki                              Discussant N. Nabeshima The Development of Financial Policyfrom Keynes to Hicks                                                              Reporter J. Obata                                                              Discussant T. Hirai                              *** To Reporters, Discussants and Chairpersons Please keep in mind the following for smooth course of Each Session: 20 min. for Reporter, 5 min. for Discussant, 5 min. for Rejoinder, 10 min. for the Floor.   If you would use PP, never fail to copy the file on the PC in the Room concerned 10 min. earlier than the starting time for the session concerned.  Thank you for your cooperation.  Access to the Meiji University The venue stands within ten minutes from the Ochanomizu Station, whichis located within ten minutes by train from the Tokyo Station. 

御茶ノ水駅 =Ochanomizu Station, 明治大学=Meiji University

P1020649.JPG

ケインズ学会・立教大学共催 公開講演会 (確定版) [公開シンポジウム]

IMG_3531(キングズ).JPG 

     ケインズ学会・立教大学経済研究所共催 公開講演会

   世界経済の危機的状況をめぐって

開催日:20121026日(金)1815分~21時(開場17:45)  申込:不要場所:太刀川記念館多目的ホール         対象:学生・教職員・校友・一般

                           太刀川記念会館.jpg 

講師:

浅子和美氏(一橋大学経済研究所教授)

平井俊顕氏(ケインズ学会会長、上智大学名誉教授

水野和夫氏(埼玉大学大学院経済科学研究科客員教授)

内容:21世紀の資本主義経済をどのように舵取りすれば良いのか?とりわけリーマンショックと欧州金融危機をふまえて、新自由主義が破綻した後の世界経済と経済政策の在り方について講演をしていただく。 

講師プロフィール

 ・浅子和美氏

「効率と公正の経済分析 : 企業・開発・環境」青木玲子, 浅子和美 編著.ミネルヴァ書房  

 (2012年)

「世界同時不況と景気循環分析」浅子和美, 飯塚信夫, 宮川努 編 東京大学出版会,2011

 年)

 

・平井俊顕氏

ケインズは資本主義を救えるか=Can Keynes Save Capitalism? : 危機に瀕する世界経 

 済」昭和堂,2012年)

「危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ : 資本主義とヴィジョンの再生を目指して」ケインズ学会

 編 ; 平井俊顕  監修. 作品社(2011年)

・水野和夫氏世界経済の大潮流 : 経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換」太田出版(2012年)

「終わりなき危機:君はグローバリゼーションの真実を見たか」日本経済新聞出版社(2011 

 年) 

連絡先:立教大学 経済研究所 橋本 Emailrie@rikkyo.ac.jp