So-net無料ブログ作成
検索選択

ケインズ学会 - 紹介と招待 [第2回 ケインズ学会年次大会]

kiriko01.jpgケインズ学会とはどのような特徴を有する学会なのかをあらためて示させていただきます。多くの方の積極的な参加を願っております。

(通常の名前から想像されるよりもはるかに柔軟性、多様性を重視する学会であることがお分かりいただけると思います。) 

「ケインズ学会」の基本理念であり、その結果が五箇条のご誓文ならぬ下記の「設立趣旨」である。

第1条 当学会は、現在の経済社会の理解・分析・発展に貢献すべく、「ケインズ・スピリット」に則り、議論を通じ真実の追究をめざす。

第2条 当学会は、経済理論・経済政策・社会哲学・歴史・文化などの幅広い分野からの研究の促進を目指す。したがって経済学者、歴史学者、文
化論者、哲学者、美術評論家、ジャーナリストなどの参加を歓迎する。

第3条 当学会は、専門的な追究を行うとともに、隣接する領域からの刺激を授受しあうことで、学際的・総合的スタンスの場を提供することを尊 
重する。

第4条 当学会は、現在・将来・過去のいずれにも関心を向ける。

第5条 当学会は当初から国際的活動を視野に入れて活動していく。

委員会での合意を若干かみくだいて補足説明しておくのが適切であろう。

第1条について:「ケインズ・スピリット」とあるが、これは「自由」や「正義」という概念がそうであるように、研究者によってその意味するところは異なるし、また異なるものであってよい。各人が抱く「ケインズ・スピリット」で当学会に参加してもらいたいという趣意が込められている。

第2条について:当学会は幅広い分野を包摂することを望んでいる。経済学、経済政策が重要なのはいうまでもないが、当学会はそれにとどまろうとするものではない。ケインズ自身、非常に幅広い分野を探究した人物である。

第3条について:当学会はアカデミックな特性を有するのは当然であるが、そこだけにとどまろうとするものではない。必要に応じて、例えば、「ブルームズベリー」、「哲学」、「美術評論」、「政治学」などの専門家グループとの共同コンファランスを開いたり、メディアやジャーナリズムとのコラボレーションも図っていきたいと考えている。それらはケインズが大いに活躍した分野である。

第4条について:経済をとらえるには、現在にしか関心を向けないのも、過去にしか関心を向けないのも、ともに不十分であるという意味合いが込められている。過去に配慮を払いつつ現在をとらえ、将来に立ち向かうという姿勢が重視されている。そうした姿勢はケインズがとったものである。

第5条について:国内だけに限定した活動では、いきおい視野が狭くなるという認識に基づいている。グローバルな人的交流を通じ、知見を世界に求めるのは必要不可欠のことがらである、という意味合いである。ケインズはそうしたスケールの人間であった。

(誤解のないようにお願いしたいことがある。当学会で、ケインズにたいし批判的サイドに立った報告をすることには、何の問題もない。当学会はそうした寛容性を有している。)


2012年度ケインズ学会 プログラムの発表 [第2回 ケインズ学会年次大会]

P1020649.JPG明治大学リバティタワー.jpg

(JR御茶ノ水駅歩5分 写真の建造物の1階が会場)

2012年度ケインズ学会 プログラム                           於 明治大学駿河台キャンパス 第1日 11月23日(金)受付開始 明治大学駿河台校舎リバティタワー1階 9:30午前の部 10:0012:00<第1会場> 1011教室セッションA  「雇用と有効需要の理論」               座 長  黒木龍三氏 1不況のモデル化                                 報告者    竹内敞夫氏                                    討論者    黒木龍三氏 2雇用危機とワークシェアリング                          報告者    大野 隆氏                                                          討論者  伊藤宣広氏 3有効需要に生産は即応しうる                            報告者    丹羽春喜氏                                                          討論者  石倉雅男氏 <第2会場> 1012教室セッションB  「ケインズ理論の動学的展開」            座 長  酒井泰弘氏 1ケインズ『確率論』における係数cと短期確率加重関数      報告者     村田春紀氏                             討論者   清水徹朗氏 2動学的確率的一般均衡モデルへのケインズ経済学的接近      報告者     長原 徹氏                                                         討論者  浅田統一郎氏 3 Average Productivity and Aggregate Performance             報告者   浅沼大樹氏                             討論者   池田 毅氏  昼食 12:0013:20  午後の部 13:2017:20招待講演  <第1会場> 1011教室13:2014:20                                               司 会     黒木龍三氏 「ケインズ経済学の回顧-未完の革命-」         講演者   福岡正夫氏  会員総会  <第1会場> 1011教室  14:3015:00  <第1会場> 1011教室 15:2017:20セッションC 「ケインズと戦後国際金融システム」     座 長   野下保利氏 IMF成立史の一齣-イギリスにおける議論と英米交渉-   報告者   伊藤正直氏 2ケインズの理論的進展と国際通貨体制の構想         報告者     宅和公志氏 3ケインズ、ヨーロッパ・システム、ユーロ危機                報告者      平井俊顕氏  討論者   矢後和彦氏討論者   櫻井公人氏討論者   高橋秀直氏  第2日 1124日(土)受付開始 明治大学駿河台校舎リバティタワー1階 9:30午前の部 10:0012:00 <第1会場> 1011教室セッションD 「ケインズ政策の再検討」                 座長   野口 旭氏 1石橋湛山とケインズ                               報告者  若菜俊文氏                              討論者  田中秀臣氏 2日本経済が陥った罠とは何か?                     報告者  井上智洋氏                              討論者  飯田泰之氏 3実務家経済学・ケインズ経済学連合 対 新古典派経済学   報告者  桑垣 豊氏                              討論者  藤原 新氏  <第2会場> 1012教室セッションF Keynes and Monetary Factors       Chair     Toichiro  Asada 1 Keynes Matrix to Carry Forward the Legacy of Keynes          Presenter  Mohammad Gani,                                                       Discussant      Jiro Obata 2 Would Financial Crisis Break Out in the Coming Few Month in ChinaPresenter        Yi  HuDiscussant   Atsushi Naito  昼食  12:0013:20  午後の部 13:2015:20 <第1会場> 1011教室  13:2015:20セッションE 「ケインズの貨幣・金融思想」        座長    間宮陽介氏 1ケインズ貨幣経済思想の復活                      報告者  渡辺良夫氏                              討論者   野下保利氏 2ミンスキー・モーメント                            報告者  黒木龍三氏                              討論者   鍋島直樹氏 The Development of Financial Policyfrom Keynes to Hicks     報告者    小畑二郎氏                              討論者  平井俊顕氏     報告者・討論者・座長の方々へのお願い セッションの円滑な進行のため、次の点にご協力下さい。報告時間は20分、コメントは5分、リジョイントは5分、フロアー10分です。パワーポイントをご利用の方は、セッション開始10分前までに、会場備え付けのパソコンに必ずコピーして下さい。   

明治大学駿河台キャンパスへのアクセス

                    

               *********

報告者・討論者・座長の方々へのお願い セッションの円滑な進行のため、

次の点にご協力下さい。報告時間は20分、コメントは5分、リジョイントは5分、フロ

アーは10分です。パワーポイントをご利用の方は、セッション開始10分前までに、会

場備え付けのパソコンに必ずコピーして下さい。