So-net無料ブログ作成

テーマ:日本の長期不況とマクロ経済政策―吉川洋・小野善康両氏の見解を踏まえて [公開シンポジウム]

危機の中で<ケインズ>から学ぶ.jpg

研究会のお知らせです。

*** 

 テーマ:日本の長期不況とマクロ経済政策―吉川洋・小野善康両氏の見解を踏まえて
 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/regist/input

このたび、以下の研究会が開催されます。ケインズ学会編『危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ』の第一部に所収された、吉川洋、小野善康、浅田統一郎3氏によるシンポジウムのフォローアップという位置づけのものです。完全にオープンな研究会ですので、もしお時間がございましたら是非ご参加いたければ幸いです。


野口 旭
〒214-8580 川崎市多摩区東三田2-1-1 専修大学経済学部
[専修大学社会科学研究所定例研究会]
テーマ:日本の長期不況とマクロ経済政策―吉川洋・小野善康両氏の見解を踏まえて
参考文献:ケインズ学会編『危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ』(作品社)
報告者:浅田統一郎氏(中央大学経済学部)
討論者:黒木龍三氏(立教大学経済学部)
 
    野下保利氏(国士舘大学政経学部 )
    片岡剛士氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株)
司会:野口旭(専修大学経済学部)

日時:6月16日(土)15:00~17:30(終了後懇親会を予定)
場所: 専修大学神田校舎7号館(大学院棟)7階772
マップ:http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/campus_info/kanda_campus/index.html
主催:専修大学社会科学研究所(http://www.senshu-u.ac.jp/~off1009/

Call for Papers from the Keynes Society Japan (the KSJ) [English Blog for KSJ]

keynes4.jpg  

Call for Papers from the Keynes Society Japan (the KSJ) 

The KSJ has decided to hold the second annual meeting on November 23 and 24, 2012, at Meiji University, Tokyo. The venue is located in the midst of Tokyo, say, just 20 minutes from the Tokyo Station (The photo below is the venue itself).

   

   The KSJ would invite you to submit an abstract (300 words) for the meeting. 

The issues concerned include:

 Economic and Financial Crisis, Macroecnomic Policy Issues, Comparative Studies among various Keynesian Schools, Keynes’s economic thought, philosophy and so forth. 

Please send an abstract to the following address: 

 jmkeynes@mail.goo.ne.jp

Deadline: June 30

 The final decision is to be made by the organizing committee.  

For the Society, see the following site in which the motto and principles are stipulated.

http://keynes-society.blog.so-net.ne.jp/2012-04-30


                     明治大学リバティタワー.jpg  

          The Venue for the Meeting


第2回年次大会報告募集のお知らせ [第2回 ケインズ学会年次大会]

  第2回年次大会報告募集のお知らせ
 当学会は、現在の経済社会の理解・分析・発展に貢献すべく、「ケインズ・スピリット」に則り、議論を通じて真実の追究を目指していきます。そのために当学会は、経済理論・経済政策・社会哲学・歴史・文化などの幅広い分野からの研究の促進を目指していきます。
 こうした目的を持つ当学会の第2回年次大会を、2012年11月23日・24日に明治大学駿河台キャンパス開催することになりました。
 つきましては、下記の要領で研究報告を発表される方々を募集いたします。奮って応募くださるようお願い申し上げます。
1.基本方針
 経済・金融危機、マクロ政策問題、ケインズ諸学派間の比較検討、ケインズの思想・哲学、その他から報告を募集いたします。
2.募集方式・報告時間
 アブストラクト(1000字ないし300word以内)で下記のメールアドレスあて申し込むものとします。
  
日本語および英語のいずれでも可です。報告時間は20分です(その他コメンテーター5分、リジョインダー5分、フロア10分の計40分となります)。
3.申し込み締切
 6月30日 報告の採否は大会組織委員会で決定します。
明治大学リバティタワー.jpg


(文責:
 大会組織委員長・明治大学 渡辺良夫)